nuts3745, blog
Back

型落ちの Dell の Windows マシンをもらったのでクラムシェルモードで使っていた MacbookPro を取り除いて周辺機器を転用して設置してみた。 i7 と RadeonGPU が載ってるのである程度ラップトップよりは高性能ではあるけど、第 4 世代だったり HDD だったりするのでグラフィックを扱わないのであればそこまで体感に変化はない。 一通り WSL のセットアップをしたりゲームをやったりして、他の作業のために MacbookPro を開いたらめちゃくちゃ見やすくてびっくりした。 Mac でも Windows でも同じ LG のウルトラワイドモニターで見てて、やっぱり Windows は見にくいなとか思ってたんだけど、久々に見た MacbookPro のディスプレイは最高だった。

せっかく GPU のあるマシンが手に入ったし機械学習周りも実践的に触っていきたいな。 まあ GoogleColaboratory 使えば関係ないんだけどね。

とりあえず Windows を本格的にいじるなら SSD を追加するのはありかな。 さすがに HDD で本格的に作業するのは効率悪そう。

WSL の Ubuntu に適当に fish と oh-my-fish 入れて、Terminus で開いて vim と Python で ABC160 解いてみたけど、普段通りに解けたから良かった。 Linux 入れちゃえば操作感は共通になるのはいいね。 そういえば Git 入れ忘れてた。 あらかじめ GitHub にコンフィグ周りを整理しておくのも良さそう。 環境構築でいうと、Docker で簡単にセットアップできるようになりたいから調べてみるか。

© nuts3745.RSS